爆風うねうねエギング

往路で諸々あったので、到着した直後の太刀魚出撃は取りやめ。

午前一杯は雨の予報で、姪の運動会へ行く予定も順延になってしまい、予備日の日曜日も午前中は雨予報なのでムリぽ。

稲刈りの第二弾を予定したものの、義父さんが連休の雨前に刈り取りを済ませてしまっており、やる事なし。

残す仕事は釣りでの食糧調達だけ。

そこで午後に入ってから釣場へ向かってみると爆風…(゜Д゜;

しかしそんな風の中でもエギングをしている人が一人いて、しかも自分の知る限りでは今期のベストポジションを狙える所に立っている。

仕方ないので、自分は少し離れた場所で撃ち始めてみるが、風は強いし波もウネリもあってエギをコントロールしにくく、どうなっているのか分からない。

うーん…そうだ、目先を変えて戦法を変えて見よう。

ド定番一軍エギの B07 BOA を風に乗せてキャストし、着底を取ったらズル引き。

シンカーに砂利がコツコツと当たるのを感じつつゆっくりゆっくりと。

この方法ならばアタリがあれば分かるのではないかと。

すると、コツコツと明らかに異なるクンというアタリを感じ、すかさずアワセ!

…ジェット噴射がめっちゃ小さい(^^;

DSC_0135s.jpg

ド干潮で釣れたのは100gそこそこ?

証拠写真を撮ったのでリリース。

この後、マイミクさんが参戦。

風向きが少し変わり、撃ちやすくなってくる。

狙いたいポイントを探りつつ、おしゃべりをしながらシャクルと、グイッとな!!

しんく「おっ」

マイミクさん「来ました?」

しんく「来た来た!」

ロッドを立ててリールを巻いて行く中、ジェット噴射でロッドがグイングインとしなる。

しんく「おっ良いサイズ!よっしゃ!…あーバレた!!」

マイミクさん「え、まじすか」

しんく「痛恨…」

マイミクさん「ひいてましたよね?」

しんく「うん、アオリだったと思う」

このアタリを逃したのは痛恨の極み。

このしばらく後、右側で「バレたー!」の声。

そしてしばらくしてから…

マイミクさん「おっ、釣れたかな?」

しんく「来ました?」

見るとロッドが良い感じに曲がっている。

浮き上がったその姿は、この時期にしては大きい。

マイミクさん「抜けるかな」

しんく「タモ持ってくる」

キャスト直後だったので急いでエギの回収に入る。

既に足下までアオリイカが寄せられているのだけれど、エギが追い風に乗って100m近く飛んでいたので回収に手間取って焦る。

急いでタモを取りに行き、無事にネットイン。

帰宅後の計量は600gだったそうです。(目を疑って二度量ったそうです)

久しぶりにマイミクさんと釣りができた事に感謝し、笑顔で撤収。


=タックルデータ=

 ロッド:ダイワ/エメラルダスEX-98MH-HD(インターラインモデル)
 リール:シマノ(SHIMANO) ヴァンキッシュ C3000SDH
 ライン:ヨツアミ G-soul X8 UPGRADE200m 14Lb(0.6)
 リーダー:ユニチカ(UNITIKA) キャスライン エギングリーダーII 50m 1.75号 ナチュラルクリアー
 スナップ:DAIWA EG-SNAP M
 エギ:ヤマシタ エギ王Q LIVEサーチ 490グロー 3.5号 B07 BOA


=コンディションデータ=

 場所 堤防
 日入 17:21
 潮 小潮
 干潮 15:18 (138) → 満潮 20:30 (132)
 天気 曇り
 風向 南西 → 西南西
 風速 7 → 4m位(適当)
 水温 24度位(適当)

20161008.jpg

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ
訪問者数
プロフィール

しんく

Author:しんく
最近のメインがジギングとエギングとなった、バスフィッシングから釣りを始めたマルチアングラーです。
釣り経歴の詳細はこちらへどうぞ。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
986位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
146位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
SEO ランキング
釣り
爆釣
ショアジギング
エギング
青物
アオリイカ