スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キワキワ一発目

嫁の実家へと帰省。

南海上の遥か遠くにある台風14号によるウネリが入り、釣り場に大きな波が打ち付けていて非常に釣り辛い状況が先週末から続いているが、日中の偵察にて何とか釣りが出来る場所を見つけたので出撃し、注意しながら釣りを開始する。

ウネリと大波の影響を避けて、なるべく遠方の沖合いを探るためにジグをフルキャストする。着低までをカウントすると昨年よりも5カウントほど少ないので、沖合いが浅くなったようだ。また地形が変わってしまったか。

ボトムからジグを持ち上げてから鯖狙いで中層付近を中心に探ってみるが、全くアタリがない。それならば、と、様々な層を通して探ってみるが、それでもアタリが出ない。ボトムパンピングでも探ってみたがアタリがなく、扇状に広範囲をアレコレ試しながら探ってもジグのサイスダウンをしても何のアタリもなく、思っていた以上に難しいコンディションのようだ。

サラシが出ている足下は根掛かりが多発する場所なので視認出来ない状態で探るのを避けていたが、一発勝負でサラシ下のボトムを打ってみる事にする。

こういった時に泳層コントロールをしやすいジグを遠方から中層を通して手前に寄せ、根掛かりキワキワの場所にフリーで落とし、着低したのを確認するや否やロッドをあおると同時にシャクリ上げると何かがヒット!

魚の生体反応がある事を確認しながらリールを巻き取っていくが、途中で手応えがなくなる。おや?と思って一旦手を止めてみると、打ち寄せる波の力に負けて魚が押されていたのが原因で軽くなっていたようで、サラシの上に横向きになった魚の姿が現れる。

サイズが小さくて引きが強くないので簡単に足下まで寄せた所で引っこ抜き。2本のアシストフックがガッチリとかかっていました。

DSC_1951.jpg

今年初のショアジギング釣果の正体は22センチのショゴ(カンパチ)でした。ちと小さいですが、カンパチの魚体である事を確認できます。それにしても、このサイズでありながら40グラム7.8センチのメタルジグを食ってくるとは、やる気満々ですな。と言うか、海が荒れているため、餌にありつけていないから食い気が高いのかもしれない。

カンパチは群れで居ることが多いので追加を狙って同じように攻めてみたものの、反応なく撤収。

=タックルデータ=

 ロッド:がまかつ LUXXE SALTAGE CHEETAH-R 96XH(リンク先は現行モデル)
 リール:シマノ レアニウムCI4 4000(リンク先は現行モデル) + 夢屋 アルミラウンド型パワーハンドルノブ
 ライン:YGKよつあみ GALIS ULTRA JIGMAN X8 1.5号 24lb 300m
 リーダー:クレハ シーガー・ショックリーダープレミアムマックス 5号 20lb
 ジグ:ゼスタ(XeSTA) アフターバーナー 40g マイワシ 07BIW
 フック:ゼスタ(XeSTA) アシストフック Wクロウ M

=コンディションデータ=

 場所 堤防
 日入 18:41
 潮 若潮
 満潮 15:41(135) → 干潮 20:58(103)
 天気 晴れ
 風向 東北東
 風速 5m位(適当)
 水温 27度位(適当)

20150810.jpg

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ
訪問者数
プロフィール

しんく

Author:しんく
最近のメインがジギングとエギングとなった、バスフィッシングから釣りを始めたマルチアングラーです。
釣り経歴の詳細はこちらへどうぞ。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
375位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
SEO ランキング
釣り
爆釣
ショアジギング
エギング
青物
アオリイカ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。