4.5寸のエギでモンスターアオリイカを狙ったら…なんと!

東伊豆へエギングへ行ってきました。


予報では風向きが南→東→北と変わる様子だったのと、嫁が立てる足場である必要があるためにポイントを絞り込み、過去に1投目でアオリイカが釣れた事がある思い出の場所を選択して行って見たところ、人、人、人…以前からかなり人気があるポイントではありましたが、こんなにもエギンガーが集結するようになったのかと、少々驚きました。

ネット某所では、この場所での釣りが完全禁止になる恐れがある、という情報を耳にしていましたが、マナーが悪化するとその可能性は皆無ではない混雑ぶりでした。

他の釣り人だけでなく、漁師さん、漁船、遊漁船や地元の方ともトラブルを起こさないように気を付け、釣り場を守っていきたいですね。


さて、釣り場を眺めてみると、意外にも入りたかった場所が空いていたので、予定通りに入る事ができました。

周囲の方に話を伺ってみましたが、今の所はイカをあげた人はいないとの事、まだ陽が高いので、夕マヅメの時合いまではじっくりと攻めていると、ビクビクという魚の感触がロッドを通じて伝わってくるが、フッキングできずに姿を拝めない事が数回。

そうこうしているうちに陽が暮れ、お隣でアタリがあり、アカイカがあがります。

満潮を過ぎて潮が流れる方向が変わり、風の向きも同じタイミングで潮と同じ向きに変わったために流される速度が速く、シャローのエギでは沈まずに浮きあがってしまうので、デープタイプのエギや4寸のエギをローテーションしてキャストしていると、離れた場所でアオリイカを〆ようとしている光景を目撃。

遠目からなのでハッキリとサイズは分かりませんでしたが、胴長から推測するに800g位でした。

その後、立ち位置や投げる方向を変えてキャストを続けます。

潮と風に対抗するために4.5寸のエギをキャストしてみた所、逆にボディサイズが大きいために潮の影響を強く受け、シャローの藻場に流されていく勢いだったため、回避動作としてショートピッチでしゃくりを入れていくと、グッと重くなる。

藻場を避けきれずに掛けてしまったと思い、しゃくりを止めてリールを巻いていくと…

あれ?イカ?

4.5寸のエギのカンナに、このサイズがガッチリとかかっていました。どんだけ食いしん坊なんだ(笑)

DSC_0043.jpg

帰宅後に計測、ちっちゃ…。

DSC_0044.jpg

でも、アカイカ(ケンサキイカ、マルイカ)はアオリイカに負けじ劣らずに美味しいので嬉しいです。

10時間ほど沖漬けにしてから炙ると、これがまた美味いんですよね。

自分がアカイカをあげた直後に隣の方にもアカイカがあがったので、群れが回っているようなので追加を狙うも空振り。


その後、風が肌寒くて体力を消耗しそうなので撤収。

日中はTシャツ一枚でも暑い位の日差しでも、陽が暮れると防寒が必要ですね。


=タックルデータ=
 ロッド:ダイワ エメラルダス エクストリーム インターラインロッド EX 98MH-HD
 リール:シマノ Vanquish C3000HGシマノ 夢屋 12 ヴァンキッシュ 2500 PE0820スプール
 ライン:キャスライン エギングスーパーPE II 210(フロートタイプ) 0.8号210m
 リーダー:キャスライン エギングリーダー 2.5号
 スナップ:DAIWA EG-SNAP M
 エギ:ヤマシタ(YAMASHITA) エギングヤマシタ(YAMASHITA) エギ王 GX 4.5号 R03 グローシュリンプ


=コンディションデータ=

 場所 堤防
 日入 18:44
 潮 大潮
 干潮 12:22 (1) → 満潮 19:27 (148)
 天気 雨 → 曇り
 風向 南 → 東 → 北 → 南西
 風速 4 → 2m位(適当)
 水温 18度位(適当)


20140517.png

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ
訪問者数
プロフィール

しんく

Author:しんく
最近のメインがジギングとエギングとなった、バスフィッシングから釣りを始めたマルチアングラーです。
釣り経歴の詳細はこちらへどうぞ。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
986位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
146位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
SEO ランキング
釣り
爆釣
ショアジギング
エギング
青物
アオリイカ