スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉離れ中の腕にも関わらずエギングしてようやく今年の初釣果!

嫁の実家へ帰ってきました。

…実は一昨日の2日早朝にランガンしつつ実家の近くで釣りをしていたのですが、風が強い、波が高い、強い雨の後で濁りが酷い、の三重苦だったために早々に釣りを切り上げ、朝9時半から19時まで一日中洗車コーティングをしていましたf(^^;

そして、昨日は夕マヅメ狙いで出撃するもあえなく撃沈。


本日はと言うと、鋭気(?)を身にまとうために朝は出撃せずに十分な休養を取り、夕マヅメ狙い一本に絞りました。

浜松まで遊びに行っていた嫁を駅まで迎えに行き、一旦家に戻ってから嫁も一緒に出撃です。


風が強くて向きも悪いので、まともなエギングにはならないだろうな…と予想していましたが、実際に現場に立つと予想以上に難しいコンディション。

まぁ嫁に取っては練習だし…と思いながらも、釣る(釣れる)ならココしかないな、という場所に自分は陣取ってキャストを開始。

潮流が速い上に風も強いので糸ふけが大きく、ラインが空中で弧を描くため、テンションを張りっぱなしだと、エギがまったく沈まないような状況で、ラインをコントロールしつつエギを着底させるのが一苦労です。


1時間半ほどキャストを続け、陽が傾いて暗くなってきたので、カラーチェンジかつよりアピール力を増すためにサイズを大型化し、エギ王GXをチョイス。

このエギ王GXは、ロングキャスト用インターラインロッドとの相性が抜群で、非常にキレがあるダートを見せてくれます。

過去にはホウボウがヒットしたこともw


そんなエギ王GXをフルキャストし、ラインコントロールしながら着底へと導きます。

嫁が使っている百海サーフより15mは遠くに着水していますが、これはロッドパワーと何よりも腕の違いですな(爆)

ちなみに、先週27日に起床したら何故か原因不明で右の二の腕が肉離れを起こしており、一週間痛みに耐えながら仕事をしていたのですが、今もキャストもキツイし、しゃくりもツライという状況だったりします(爆)

キャスト時の痛みに耐えきれずに右手がロッドから離れ、左手一本でロッドがすっぽ抜けないように支えているという事もしばしば。

テーピングした方が良いんじゃない?という腕の状態で釣りをしています(^^;


さて、そんな腕を酷使しながら船道の手前中層付近をダートさせていると、エギが突然重くなる。

しんく「…流れ藻がかかったかな??」

ただ、ただ重いだけ。

ラインを巻き取っていくと、しかし、エギと共に水面に突き出てくるものがある。

あれ??足??

…こりゃ丸いヤツだ(^^;

水面に浮上してから元気よくジェット噴射で抵抗するコウイカを、四苦八苦しながらタモへとイン。

500gのコウイカ。

DSC_0028.jpg


コウイカが多いポイントだけれども、アオリイカも実績が高いポイントだし、これからがチャンスタイム!


そんな折、良く会うおじさんが来られたので声をかけ、話をしつつ40分ほどエギング。

しばらくしておじさんのお仲間と思しき方々が来られたので、その方々と話をしにおじさんが行かれた後…


陽が完全に落ちて更に暗くなったのを考慮してグローが入っているエギ王GXにチェンジし、ボトム近辺で水平フォール。

風が若干弱まっており、エギをコントロールしやすくなっている。

しんく「来そうな感触…来い!」

嫁「それ来てるの?」

しんく「これは潮が当たってるから」

竿先が微妙に動いているのを見て、の会話ですが、この潮の当たり具合が非常に好感触で期待感が増す。

ラインテンションを一瞬だけ緩めてフリーフォールさせてエギをボトムに当てた後にすかさずダートさせると…

重くなった!!

が、また引かない…(^^;

嫁「釣れたの?」

おじさん「アオリ?」

しんく「またコウイカ(苦笑)」

さっきよりも重いがロッドパワーがあるので、ボトムからでも難なく浮上。

む?水面から突き出た足の長さがコウイカより長いぞ?

おじさん「アオリだ」

しんく「アオリですね。ボトムヒットだし引かないからコウイカだと思った(笑)」

620gのアオリイカ。

DSC_0030.jpg


今年の初物は翌5日の夕飯にお刺身&キムチにして頂きました。

2杯を捌いたのも盛り付けしたのもσ(^^;です。

写真右側の4列がコウイカ、残りはアオリイカで、コウイカの他の部分は昼飯の焼きそばの具になっています。

DSC_0031.jpg


肝は包丁で叩いて滑らかにした後に醤油とよく混ぜ合わせて肝醤油にし、カワハギのように身を付けて食べてみました。

写真左奥がコウイカ、右奥がアオリイカの肝醤油です。

コウイカの方がアオリイカよりも肝の量が多く、色だけでなく食べ比べてみると味も濃厚です。

DSC_0032.jpg

キムチにする場合は、身をサッと湯通ししてからの方が美味しく食べられますよ。


海の幸に感謝(-人-)


=タックルデータ=
 ロッド:ダイワ エメラルダス エクストリーム インターラインロッド EX 98MH-HD
 リール:シマノ Vanquish C3000HGシマノ 夢屋 12 ヴァンキッシュ 2500 PE0820スプール
 ライン:キャスライン エギングスーパーPE II 210(フロートタイプ) 0.8号210m
 リーダー:キャスライン エギングリーダー 2.5号
 スナップ:DAIWA EG-SNAP S
 エギ:コウイカ - ヤマシタ(YAMASHITA) エギ王 GX 4.0号 B01 オレンジゴールドPB
    アオリイカ - ヤマシタ(YAMASHITA) エギ王 GX 4.0号 B04 オレンジマーブルPB

=コンディションデータ=

 場所 堤防
 日入 18:34
 潮 中潮
 干潮 14:21 (21) → 満潮 21:14 (131)
 天気 晴れ
 風向 南南東 → 南東
 風速 6m位(適当)
 水温 17度位(適当)

20140504.png

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ
訪問者数
プロフィール

しんく

Author:しんく
最近のメインがジギングとエギングとなった、バスフィッシングから釣りを始めたマルチアングラーです。
釣り経歴の詳細はこちらへどうぞ。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
375位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
SEO ランキング
釣り
爆釣
ショアジギング
エギング
青物
アオリイカ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。