スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力強く潜るヤツ(タモの柄が折れた日)

先々週の土曜日はゴロ助と二人で出かけて撃沈した釣り場。

絶対に釣れる場所にも関わらず、その日はなぜかルアー全滅の様相でした。


しかし、自分には思った事が沢山ありました。

・場所が悪かった
・投げる方向が悪かった

「なぜあっちへ投げない?あっちへ投げれば釣れるのに」

これは、一番良い場所に入っているルアーマンを見ていて思った事です。


その思いは、本日の釣行で確信へと変わりました。


そのモヤモヤとした思いを胸に、始発電車に揺られて出撃。

電車を乗り継いで釣り場に到着すると、強い向かい風を受けて白波が打ち寄せています。

こりゃ厳しい釣りになりそうだ…。


自分が狙っていた場所が空いてるが、その右側に諦め顔の先行者がいたので声をかけてみると、50gのメタルジグでもまともな釣りにならないのだとか。

横に入らせてもらう断りを入れ、まずはその50gのメタルジグを投げてみる。

確かに全然飛ばねぇ…(--;

強風に押し戻されつつ横に流れていくため、40mも飛んだかどうかという有様。

糸ふけを素早く取った後、カウントして着底を確認するも、ラインが強風にあおられて水面に落ち着かず、思ったようなコントロールが難しい。

おまけに潮が流れる向きが手前だったり渦になったりとしているために、ジグに余計なアクションが発生してしまっている。

この状況では、満潮を過ぎるまでは釣れないぞ…。

案の定、先行の2人は早々に諦めて8時前に撤収。


自分は時々ジグを投げては潮が変わる兆候がないかを探る程度とし、真面目な釣りをせずに10時半位まで過ごす。

11時を回る頃、風が真正面からに変わり、メタルジグが横に押し流されなくなる。

逆風で飛距離は出ないが、ギリギリなんとかなる。

同じ頃、潮の流れが変わり始める。

…チャンスタイムの到来だ!

ここから真剣勝負を開始。

それでもアタリが無いまま1時間ほど経過してお昼時に近くなり、お腹を満たしたくなる。

持参した惣菜パンを急いで食べるが、歯茎のアチコチにくっついてしまう。

仕事している時ならば歯を磨きに行く所なのだが、そんな事をやっている場合ではないタイミングなので、ペットボトルのお茶を口に含んでタックルを手に取る。

そのままメタルジグをキャストして着底を取った後、口の中を綺麗にしつつロッドをしゃくる。

…普段は絶対に行わない行動ですよ(笑)

などとしていたら、ロッドに重量感!?

生命感はないが重さがあるのは確かなので、半信半疑でリールを巻いて行く。

と、護岸近くになってビクビクとした動きが伝わってくる!

あ、こりゃヤツだ!

ロッドの方向を調整して魚が泳ぐ向きをコントロールしつつ、タモを用意する。

タモに取り込んだヤツは…

DSC_0249.jpg

おしぃっ!(笑)

イナダには1cm届かないのでワカシでした。


ここで、この釣り場へ来る前に思っていた事を思い返す。

・場所
・投げる方向

そう、今の自分はこの2点を完全にクリアしている。

良い場所で良い方向だ、と思っていた正にそれを実践して釣り上げた。

少なくとも干潮止まりになるまでは釣れるチャンスが続くはずだ。


ワカシの血抜きをした後、更なる釣果を狙ってキャストを再開。

着底後の2しゃくり目でガツン!

ギュルギュルとドラグが音を立てる!

うっ!?マジか!!!

力強くボトムを目指すこの動きは間違いなくヤツだ!

しかも、底に張り付こうと抵抗するソイツの力にドラグが負けている!

ロッドパワーで手前に寄せつつ引き上げようとするが、ボトムから離れない!!

ドラグをもう少し締めてパワー勝負に出るべきか…?

しかし、半分位寄せた所にある根に張り付いたらしく、ガッチリとはまって動かなくなる。

…根競べだ。

ドラグを少し緩めてラインテンションを抜く。

するといきなり動き出し、一気にフックオフ。

残り20mだったのに…無念(T_T)


悔やみつつドラグを少し締めてキャストを繰り返す。


着底までのカウントを取っていた所、クンとラインが引っ張られたかすかな感触に加えてカウント数がオーバーする。

…落ちていく途中でジグを食った!

ロッドをあおり、ラインを巻き取りにかかる。

が、手前に走っていたようで、糸フケを取っている間に根に入られる。

先ほどはこの場面でテンションを抜いてアウトだったので、今度は緩めずに勝負。

が、今度は力負けしてラインブレイク。

絶大な信頼を寄せているメタルジグをロスト。


敵ながら天晴れなヤツだ…。


しかし、この魚は釣りたいヤツに間違いない。

なんとか1匹は釣って帰りたいぞ。


色違いのメタルジグに変更し、なるべくボトム近辺をキープするようにジグをコントロールするようにロッドワーク。

が、狙いより上のレンジに入っちゃったなと思った所で…

ガツン!

おっ!?

ゴン!ゴン!と力強く潜ろうと抵抗する!
これまた間違いなくヤツだ!

注:ゴンゴンといっても元サッカー選手じゃないです(`・ω・´)

2度やられた時と異なり、ボトムでのヒットではないしドラグも締めてある。

先ほどのより力が弱いのでラインを出される心配もないし、勝敗は既に決した!

が、ここでハプニング!

なんと、タモの柄が折れてしまった!


そして、そのサイズは…

DSC_0250.jpg

37cm…カンパチには全然届かない(笑)

斜めにしてしまったからとは言え、タモの柄って強度が無いですな。

それでも嬉しいショゴ、欲しかった1匹が手に入りました♪


夕まずめが潮の動き的にも良い時間帯にピタッとはまっている日だったので、19時位まで粘ればもっと釣れたと思うのですが、時間的にそろそろリミットだったので撤収準備を開始。

右隣でメタルジグを投げていた方に声をかけ、自分が釣っていた場所を譲りました。

自分と同じように電車で足を運んでいたこの方とは、片づけをしながら色々とお話しをして情報交換をさせていただきました。

健闘を祈りつつ撤収。


=タックルデータ=

 ロッド:がまかつ LUXXE SALTAGE CHEETAH-R 96XH(リンク先は現行モデル)
 リール:シマノ Vanquish C3000HG
 ライン:YGKよつあみ G-soul X8 アップグレード 1.0号 22lb 200m
 リーダー:クレハ シーガー・ショックリーダープレミアムマックス 5号 20lb
 ジグ:ゼスタ(XeSTA) ジギングゼスタ(XeSTA) アフターバーナー 50g 07 BIW(マイワシ)
 フック:オーナー ジガーライト段差 早掛 JD-22 1/0号


=コンディションデータ=

 日出 5:33
 日入 17:32
 潮 小潮
 干潮 3:33(68) → 満潮 10:33(136) → 干潮 14:51(124) → 満潮 20:29(146)
 天気 晴れ
 風向 北東 → 東北東
 風速 7→5m位(適当)
 水温 24度位(適当)

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ
訪問者数
プロフィール

しんく

Author:しんく
最近のメインがジギングとエギングとなった、バスフィッシングから釣りを始めたマルチアングラーです。
釣り経歴の詳細はこちらへどうぞ。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
375位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
SEO ランキング
釣り
爆釣
ショアジギング
エギング
青物
アオリイカ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。