スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エギングでアオリイカ自己記録更新!

法事のための帰省中、夕マヅメ狙いにて出撃。

東風がかなり強く、堤防の外側は非常に波が高く、波の一部が堤防の上を洗っている状態のため、港内側でしかエギングができない。

人がいないのでやりたい放題だが、どこをポイントにするかを悩みつつウロウロ。

先端の方で3人程の餌釣り師達がカマスをバンバンと釣っている。カマスの大きさは唐揚げ向きの18cm位だろうか。餌釣り師の一人に声をかけて話を伺ってみると、最近になってカマスが釣れはじめたそうで、太刀魚釣りの餌として使うそうだ。

ベイトが居るなら、その近くが良い。

近くでエギングさせてもらう旨を伝え、キャストを開始。

満潮に向かう時間帯だが、明け方に降った雨が川から流れ込んでいるためか、外へと払い出す流れが強い。

着底は分かるが、重いエギを使わないと相当に流されるな…。

そこで、DEEPタイプのエギを中心に攻めつづける。

狙ったポイントに沈めるために、アゴリグシンカーを追加してみたりと工夫を凝らす。

しかし、一向にアタリがない。

釣り人が少ないのであっちへウロウロ、こっちへウロウロとしながらキャストして探りつづける。

エギンガーは自分以外には誰もいないのでプレッシャーは低いから、アオリイカが居れば釣れそうなものだが…。

幾度となく心が折れ、「このキャストで最後」と思いつつも諦めきれずにキャストを繰り返す。

そうこうしていると、18時を過ぎる。

そろそろアタリが出なければ、今日はないだろう。

タイムリミットにも近づいている。

「本当にこれでラストキャストにしよう」

と思い、「どうせだから」と自分に言い聞かせ、使用を封印していた禁断のエギをキャストする。

着底を取った後、そのままエギを底にステイ。

ラインにテンションを軽くかけ、ボーッとしながらじっとしていると、ロッドティップが動く。

パンッ…パンッと、エギが叩かれて動いているようだ。

これは…!

ラインに遊びが出る位置へとロッドティップを移動させて戦闘モードに突入、一撃必殺を狙う。

間髪を入れずにスラックジャークすると、
2つ目のロッドワーク時に
ドンッ!

よっしゃ!
完全に後ろ抱きのアタリだ!


グィングィンとジェット噴射で抵抗するアオリイカ!

ドラグをキチッと締めてあり、激しいジェット噴射でもドラグが鳴らないが、自己記録更新間違い無しの手応え!

ジェット噴射の度にロッドが大きくしなるがラインがまったく出ないので、ラインを切られるのではないかと冷や冷やする非常にスリリングな展開!

だが、後ろ抱きで完全に掛かって身切れの心配がないという自信に加え、ドラグ設定とノット強さに自信を持っているので、ドラグを緩める気は皆無!( ̄^ ̄)ノ

むしろ、ロッドが大きくしなるのを楽しむ♪ ←いや、そこまでの余裕はなかっただろw

ジェット噴射の抵抗は激しいが、ラインを全く出されないので割と素直に上がって来る。

海面に浮き上がったアオリイカの姿を確認。

ヒット時の感覚通り、後ろ抱きして完全にカンナに掛かっている。

足元に寄せつつ、タモを入れる。

海面から6m上にある高さからでもオスである事を確認できるデカさ!

サイズは…2キロあるかもしれないぞ?

興奮しつつもタモに慎重に入れ、引き上げに取りかかる。

重いっ…!

6m以上の高さからタモの柄を収納し、堤防の上への引き上げに成功!

自己記録更新!

オスのアオリイカ1700g!

DSCF1929s.jpg

メジャーのゼロ位置がちょいとズレてしまったのはご愛嬌。

実際の所、胴長は38cmですかね。


ゼロロクのラインでもドラグをきちんと設定していたので、このサイズとのやり取りでも楽でした。

これで更に一段のステップアップ!


そういえば、リールをヴァンキッシュに変えてからアオリイカを釣り上げたのはこれが最初かな?

ということで、リールへのアオリ入魂完了!

大満足で撤収!O(≧∇≦)O

晩飯の準備には間に合わなかったので、当日はゲソを焼きで、翌日に身を刺し身と天麩羅にしていただきました。

刺身用は、内側で3枚の皮、外側で3枚の皮+筋交いをしっかりと剝ぎ取ったので完璧です。

筋交いは飾り包丁で切ってしまうか、ちょいと炙るのが一般的ですが、シツコイ位に剝ぎ取ると有り得ない柔らかさの刺し身になります。

お店では時間をかけられないので、自分での調理ならではの追求凝り技で、刺し身は2時間コースです(笑)

そんなアオリイカは甘みがまってまいぅ~♪(^¬^)

お店で丸ごと食べたら1杯1700g÷100×400(円/g)×3=2万円位ですかね(爆)

イカ好きな義父母、義弟夫婦、嫁、猫にも喜んでもらえたので、釣行前にお参りして釣果をお願いした水天宮様のご加護と、海の恵みに感謝です。


データ:
 場所 堤防
 日入 19:04
 潮 大潮 (2.5)
 干潮 12:59 (11) → 満潮 19:48 (153)
 天気 薄曇り
 風向 東
 風速 10m位(適当)
 水温 22度位(適当)


ロッド:GraphiteLeader Calamaretti NUOVO ORO GONCOS-862M
リール:Vanquish C3000SDH
ライン:キャスライン エギングスーパーPE II 210(フロートタイプ) 0.6号210m
リーダー:キャスライン エギングリーダー 1.75号
スナップ:DAIWA EG-SNAP S
エギ:ひ・み・つ!(というか、最近売っていないようなので紹介しても…なので…)

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ
訪問者数
プロフィール

しんく

Author:しんく
最近のメインがジギングとエギングとなった、バスフィッシングから釣りを始めたマルチアングラーです。
釣り経歴の詳細はこちらへどうぞ。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
375位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
SEO ランキング
釣り
爆釣
ショアジギング
エギング
青物
アオリイカ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。