スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/01/01 焼津:朝の部:エギング(念願のアオリイカキロアップ!)

あけましておめでとうございます!
本年もどうぞ当ブログをよろしくお願いいたしますm(__)m


ついでにリンク先での商品購入についてもよろしくお願いいたします(コラ)


さて、師匠のゴロ助はまだ焼津入りしていませんが、元日からエギングするために一人で堤防へと向かいます。

いつもはロッドを何種類も持って釣りに行くのですが、今日は違います。

エギングロッド一本だけ、ショルダーバッグに入れたルアーもエギオンリーです。
この朝は太刀魚やシーバスなどに浮気せずにアオリイカ一本に狙いを絞る事にしました。

起きる直前の夢の中ではアオリイカを釣りあげていたのですが、果たしてどうなることやら?

5時過ぎに堤防に入ると、良い感じの追い風。

釣り人は2人だけ。

一人は餌で太刀魚。もう一人はワインド?で太刀魚かな。

先に餌釣り師に声をかけてみる。

しんく「太刀魚ですか」
釣り人「うん」
しんく「釣れてます?最近渋いらしいですが」
釣り人「こーんなのしか釣れないね」

そう言って差し出す指は2本。
サイズは小さいが釣れてはいるのか。

ルアーではどうだろか?

しんく「おはようございます」
ルアーマン「おはようございます」
しんく「ワインドで太刀魚ですか?」
ルアーマン(以降、ジグマン)「ジグですね」
しんく「あ、ジグでしたか。アタリあります?」
ジグマン「いや全然」
しんく「そうですか、最近渋いですもんね。…この後はエギングやります?」
ジグマン「そうですね」

その後、しばらくエギングの雑談。

すると…自分の話す内容がmixiに書いている内容と同じだと思ったのか、

ジグマン「…しんくさん?」
しんく「って、○○さん(マイミクさん)だったのか(笑)」

なんと、その方はマイミクさんでした(笑)

知り合いだと分かり、更にエギング談議に花を咲かせていると、6時を過ぎてウッスラと東の空が明るくなってくる。

そろそろエギングを開始する頃合かな。

太刀魚師に声をかける。

しんく「そろそろエギング始めますけど、何時くらいまで太刀魚やります?」
釣り人「そうだな、あと30分位かな」

あら、まだ太刀魚を粘るんですね…。

太刀魚師から少し距離を置き、朝マヅメカラーのエギをキャスト。

マイミクさん、太刀魚師、自分がほぼ等間隔で並ぶ。

ふと見ると、自分の右側にもエギンガーが数名やってきており、既にしゃくり始めていた。

一投目は小気味良くしゃくり、回収したエギを触って水温を確認するとかなり高い。

…これは期待できるぞ。

第二投。

底まで沈め、アオリイカ必勝パターンを繰り返して誘ってみるがアタリなし。

第三投。

底まで沈め、今度は違うパターンで誘いをかける。

すると…

カーブフォール中にドンと言うアタリを受け、すかさずロッドを立ててあわせる!

ギュィーギュィーと強烈にジェット噴射を繰り返す手応えと同時にリールのドラグがジーッと鳴ってラインが引き出される。

…デカイ!

今までの中で一番デカイ!
(文字もデカすぎw)

この引き手応えは間違いなくアオリイカ!

エギングを始めてから足掛け2年半、ついにキロアップを達成するか!?

幾度となくラインを出されつつも、少しずつ確実に海面へと引き上げながら堤防へと寄せていく。

そんな中、不思議な迄に落ち着いて対応している自分に驚く。

…エギングの神様が降臨している?(笑)

海面にイカが浮上して来るタイミングに、マイミクさんがタモヘルプのためにやって来てくれる。

マイミクさん「ヒラヒラあります?(笑)」

それなかったらアオリちゃいますがな(笑)

堤防際でも何度となくジェット噴射を繰り返して抵抗するアオリイカ。

マイミクさんに上手くタモ入れして頂き、無事にアオリイカのオスをゲット!
(画像もマイミクさんから頂きました!)

120101_0620.jpg

軽量してみると 1,250g ありました。

新年初釣果が元旦に、しかも念願のアオリイカキロアップとは出来すぎですわ(笑)

この時期のこの時間帯は朝マヅメのカラーが良いのだと実感。

アオリイカにかじられてエギが傷んだので、海面にチャプチャプと落として洗った後はエギをチェンジ。

日が出る直前で明るくなっているので、今度はナチュラルカラーのエギをチョイス。

念のためラインチェックをしましたが全く問題がなかったので、そのままエギングを続行。

何度と無くアタリがあり、その度にアワセを入れるのだがカンナにかかってくれない。

これは横抱きコウイカパターンっぽいですな。

四苦八苦しながらも、かすかなチョンというアタリに大きくアワセを入れるとフッキングに成功!

ジェット噴射の抵抗は小さいが回数が多いのでアオリイカかと思いきや、ヒラヒラがない柴咲コウちゃん(違)でしたw
これもマイミクさんに取り込んでいただきました。

DSCF1772s.jpg

400g のコウイカを追加。

と同時に、日の出を迎えます。

天気が悪くて初日の出を拝むのは難しい、という予報でしたが何の事やら。

DSCF1775s.jpg

流石、晴れ男の自分(笑)


8時半頃まで追加を期待して粘ったものの、その後はアタリの沈黙が続き、他のエギンガーも次々と撤収していく。

マイミクさんとの別れを惜しみつつ、撤収。


帰宅してアオリイカをさばく前に流しで大きさを測り、あらためて大きさを実感。

DSCF1776s.jpg

帰省したゴロ助夫妻も加わり、大人8人+猫1匹で戴きました。

でかいアオリイカは丹念に皮をはぐのが刺身で美味しくいただくためのコツですね。外側は1枚はがすと薄皮が1枚に筋が1枚ありますから。エンペラは流石にコリコリしすぎなのでバター焼きにしてみた所、適度な歯応えを楽しみつつ味わう事ができました。

猫はノドを鳴らしながら美味しそうにアオリイカとコウイカの刺身を食べていましたが、贅沢ですよね(笑)


マイミクさんに釣り場で出会えた喜びにプラスしてこの釣果。

なんと言っても、マイミクさんに出会えた事が、全ての始まりだと感謝!

これ以上なく幸先が良い出足なので、今年は釣果に恵まれそうです。

…ん、誰だ?元日に運を使い果たしたんじゃないか、とか言っている人は(笑)


エギングタックル
 ロッド:GraphiteLeader Calamaretti NUOVO ORO GONCOS-862M
 リール:シマノULTEGRA2500
 ライン:SUNLINE ソルトウォータースペシャル PEエギ HG 120m 0.6号
 リーダー:UNITIKA エギング リーダー 50 1.75号
 スナップ:DAIWA EG-SNAP S
 エギ(アオリイカ 1,250g):ヤマリア(YAMARIA) エギ王Q LIVE 3.5号 BOOT
 エギ(コウイカ 400g):ヤマリア(YAMARIA) エギ王Q LIVE 3.5号 RDBG

データ:
 場所 堤防
 日出 06:54
 潮  小潮 (7)
 干潮 03:37 (59) → 満潮 10:24 (131)
 天候 晴れ
 風向 西
 風速 3m位 (適当)
 水温 18度位 (適当)
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

おすすめ
訪問者数
プロフィール

しんく

Author:しんく
最近のメインがジギングとエギングとなった、バスフィッシングから釣りを始めたマルチアングラーです。
釣り経歴の詳細はこちらへどうぞ。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
375位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
SEO ランキング
釣り
爆釣
ショアジギング
エギング
青物
アオリイカ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。