初っ端イカ。以下、イカ、イカ、イカ!

真夜中の0時頃に現着。


良い場所が取れるかな、と期待していたのだけれど、既に先客が良い場所にて釣っていた。ただし、ライト付きの浮き釣りだったのでそのウチに帰るだろうと思いつつ、陸側のアオリイカを探るポイントに入る。

風は南西。これならエギも良く飛ぶし、時間帯的には干潮に向かっているので、耳にしたことがあるバックドリフトを試してみようと思い立った。

まずは1stキャスト。潮が沖に向かっていく手応えを確認し、少しずつ沖へとエギを流していく。こんな感じで探れば良いのかなぁと考えつつ、暗闇でしゃくり、止めて沖へ流す。これを繰り返していたら、かなりラインが出てしまった様子なので、手前へ手前へとガンガンしゃくってみたがアタリなし。

もう一度、同じように沖へ流し、2,3回しゃくる。ロッドを持ち上げてテンションを張り、沈みにあわせるようにロッドを寝かせていくと、ヒット。

なんと、到着してから30分も経たないウチに釣り上げてしまったw
ちょいと小型(300g位か)ながら、前回はまぐれアタリっぽかったけれど、今回は狙った釣り方で釣れたのが嬉しい。

エギングでアオリイカ

相棒がこの後500g位のアオリイカをゲット。流石は師匠!

同じ位のサイズのを釣り上げたいなぁ、と思っていたところ、先客が撤収を開始。堤防の角からキャストできる場所が空いたので、早速そこに入る。

広範囲に探れるが、どこから探るか?

良型が出るのではと期待し、まずは手付かずの沖の方へと投げてみる。追い風に乗って遠くに着水。
先ほどと同じイメージで流してしゃくってを繰り返してみるが、アタリなし。

う〜ん。。。

そこへ、カワハギ師が場所取りにやってくる。しばし雑談などをしていると、相棒がクーラーボックスに戻ってしゃがみこんでいる姿を発見。その足元には明らかにアオリイカ。それも良いサイズ!

カワハギ師が見に行っている間、自分もあれ位のを欲しいんだが…と思いながらしゃくっていたらヒット!

手応えからすると、これまで釣り上げたのより明らかに大きい。ロッドを即座に立て、リールを巻きながらロッドを寝かせ、ロッドを再度立てる際にドラグを締めなおし、またリールを巻きながらロッドを寝かせ、ロッドを立ててと繰り返して寄せていく。手応えがあるので、サイズアップが期待できる!

遠方までエギを流していたので、なかなか足元までやってこない。そろそろ見えても良い頃なんだが、とロッドを立てる時にライトを点けたらバレた!!(><)

えーーマジですか…チョークヤシーです。

即座に、同じ辺りを探るべくキャストしてみたがアタリなし。
どっかいってもうたか…。

ど干潮の時間になり、潮がかなり引いているのでちょいと夜食のカップラーメンを相棒に提案。自分はシーフード、相棒はカレー味。クーラーボックスの上にセットし、待つこと3分の間にちょいと堤防の端っこの様子を見に行った。

そろそろ出来上がり…と思ってもどる時、クーラーボックスの上をライトで照らして嫌な予感というか光景を覚えた。
シーフードのカップがクーラーボックスの上に無い!(><)

よもや、まさか、大丈夫だろうと思っていたのだが、猫がカップを落っことしていたのだ!
スープ皆無で、見るも無残なカップラーメン。

こぼれだした部分は食べるに値しないので、箸でちょんぎる。猫はそれを待っていたかのように捨てられた麺に貪りつく。つーか、スープだけでなく具もほぼ全部台無しなんですが…。

この猫、相棒のタモの上で寝てるとか、毎度毎度何かやらかしている様子で、この後もクーラーボックスやタックルボックスの上に乗ったり、自分の背中に飛び乗ったり(!)とやりたい放題でした。

さて、夜食を不完全燃焼で食べた後で再アタックを開始。

最初に釣れた時のエギに戻し、同じイメージで流してしゃくって止めるを繰り返す。これだけでは飽きられる気がしたので、テンションをかけながらフォールさせている間にちょいと一工夫をしてみたら即ヒット!
…これか!!(と、何かをつかんだ様子)

寄せていくと、相棒のサイズといい勝負。墨シャワーを浴びたくないので、水面で上下させて墨を十分に吐かせた上で、500g位なら抜きあげられるという相棒の言葉を信じて抜き上げ!

見事にサイズアップ!!

エギングでアオリイカ

だが、師匠の本数には追いついていない…

小物でも良いからもう1本!
と思っていたら、エギよりも胴長が短いチビが釣れたw

エンペラの形からアオリだと判断したけれど、チビなのでしっかり確認せずにリリースしてしまったので、ひょっとしたらアカイカだったかもしれないが…。

次は更なるサイズアップを目指してキャスト。
漁船が行きかう時間帯になってきたので、スクリュー巻き込みに注意しつつしゃくる。

漁船が方向転換をして速度アップ。こっちに来るのかよ!と慌てたらエギに手応えが!
一瞬、スクリューに巻き込まれたのかとドキッとしたが、漁船の手前にラインが沈んでいるし、機械的な手応えではないので安心して寄せる。

さっきより手応えが大きい。これは期待できる!
寄ってきた姿は、やはり若干大きくなっている。それでも抜きあげできるか?タモを持ってきてもらうか一瞬躊躇したが、これ位のを抜きあげている姿を見ていたので、エイヤッと抜きあげる。しかし、さっきよりやはり重い。。。ヤバイか!?

それでも、堤防の上になんとか降ろす事が出来た。ロッドティップのしなりが戻り、安堵した次の瞬間。

パキン。

…えっ??Σ( ̄□ ̄;)

ロッドの先端が折れちゃったよ!!!
タモを持ってきてもらうべきだったorz

計測してみると、胴長22cmの500g。これまでのゲットアオリイカでのレコード更新です。

エギングでアオリイカ

エギングロッドにトラブル発生で、日の出までしばしやる事なし。

夜が明けて、堤防の足元が見えるようになって仰天。
ベイトフィッシュが100匹どころではない大群を作っている。こりゃぁイカの活性が高いわけだ。。。

ここから青物狙いにスイッチ。

んが、、、ベイトフィッシュが逃げ惑うナブラがアチコチに出たり、ボラの大群が逃げ惑うナブラがあったりと、かなり釣れそうな要素があるにも関わらず、なーんのアタリもない。

それどころか、立て続けにメタルジグを同じ場所に根がかりしてロストorz

夜明けから11時まではかなり精神的疲労が蓄積されました。。。


今回、5時位まではかなりアオリイカの活性が高かったのだけれど、南風の影響なのかやたらと水温が高い潮が入っていたための様子。こんなんナカナカないでしょうな。

というか…

自分らが居た漁港から出入りして100m位沖で漁をしていた漁船の水揚げが秋刀魚だった事には衝撃を受けたし、夏じゃないのになんで夏の外道が釣れるんだとこぼしている常連さんがいたりと、かなり海が荒れてた様子です…(相棒曰く、しんくと釣りに行くと海の様子がなぜかいつもと違う、らしいですw)


さて、釣り上げた結果はどうなったかと言うと…

一番最初の小さいのは食べきりサイズのお刺身に、2本目はイカキムチに、(3本目はリリース)4本目はバター焼きにし、海に感謝(-人-)しつつ美味しく戴きました。

アオリイカ料理

いやー、美味かった!(;><)ノ]

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

おすすめ
訪問者数
プロフィール

しんく

Author:しんく
最近のメインがジギングとエギングとなった、バスフィッシングから釣りを始めたマルチアングラーです。
釣り経歴の詳細はこちらへどうぞ。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
986位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
146位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
SEO ランキング
釣り
爆釣
ショアジギング
エギング
青物
アオリイカ